2014年11月20、27日「石巻バイパス東、祝田団地 支援活動」(第106、107回)

2014年11月20日(木) 第106回
○場所:石巻バイパス東
○奉仕者:5名(仙台教会4名、石巻教会1名)
○奉仕内容:
1.手芸教室 “ネックレス”
2.みことばの証
3.個配キット配布(トラクトセット、カップ麺1、レトルトカレー2、ジェル2、テッシュ1)





2014年11月27日(木) 第107回
○場所:祝田仮設
○奉仕者:7名(仙台教会6名、石巻教会1名)
○奉仕内容:
1.集会:折り紙リース”、聖書の話、歌とお交わり、ゲーム
2.個配キット配布:クリスマスランチ案内チラシ、カップ麺2、ティッシュ1)

前日の寒さが一転し、快晴の温かい支援日となりました。仙台からの奉仕者は6人でしたので、教会のワゴン車に荷物と全員を乗せ、元気に出発しました。今回は仮設での集会と共に12月23日の石巻教会でのクリスマスランチパーティの案内キットを配布しました。

集会ではO姉が初参加で、季節にふさわしい折り紙のリースを指導して下さいました。これは、先日教会で行われた牧会福祉委員会主催の“サマリヤの集い”で披露され好評だったものです。

集会には仮設の方よりもご近所の方々が多く集い7名の参加者がありました。楽しくリース作りをした後は“サザエさん体操”で体をほぐし、手話賛美“主イエスの愛”を歌いました。

N師による聖書のお話は紙芝居“すくいぬしのお生まれ”。 神様がどんな思いでイエス様をこの世に誕生させて下さったのかが良く分る内容でした。神様からの励ましや慰めが伝わりますようにと祈りました。

アイスブレイクや交わりの中で参加されている方々の繋がりが分るようになってきました。お隣同士が兄弟、近所に3兄弟が住んでいる等、血縁関係が生きている地域です。私たちの支援を通じて気の合う友人とお茶飲みをしている感じの集会で、交わりの中でお互いが話しを聞きあう関係が生まれ、親しみが増しているように思いました。楽しいお茶会をリードして下さるのが、イエス様である事を知って頂きたいと祈ります。

支援後に小さい仮設をまわりながら“クリスマスランチパーティ案内キット”を配布しました。新築や復興住宅への転居の話を聞きましたが、その予定がない方のお気持ちはどんなものかと思わずにはおれません。

(高橋裕子)

カテゴリー: 支援活動報告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です