このページについて



前のページ(1989〜1994) | 1995〜



教会堂にて 1996/11

こども祝福式

毎年11月には、小学生以下のこども達が主役の礼拝が行われます。 教会学校のスタッフから名前を呼ばれた小学生達は、一人ひとりプレゼントをもらいます。そして、牧師が神の祝福を祈り、礼拝後に家族ごとに記念撮影を行います。この日ばかりはいつもわんぱくの男の子達や、おてんばの女の子達もおめかしをして、大人しくしています。教会中が、こどもの笑顔で明るくなる一日です。

クリスマスこどもまつり 劇「ルロヤキスマスリク」


教会堂にて 1996/12
イースター(4月)とクリスマスには地域の小学生達を対象にした、こどもまつりが開かれます。この年のクリスマスでは、教会の劇団運営経験のあるスタッフの脚本により、初めて劇を行いました。タイトルの意味、分かりますか?逆から読んで下さい。・・分かったでしょ? このまつりには、180名の子供が来てくれました。教会始まって以来、最大の参加者数でした。 スタッフ達が喜びにつつまれたのは言うまでもありません。以後のこどもまつりでは、中高生から主人まで多くのキャストにより支えられ、人形劇が3回行われています。

古川教会会堂にて 1997/7

東京キリスト教学園 夏期特伝キャラバンチーム

開拓開始後3年目を迎えた古川教会に、東京から青年達がキャラバン隊を組んで伝道の奉仕に来てくれました。この写真はこども集会の中での一こまです。メンバー達は、教会に自炊をしながら寝泊まりし、真夏の炎天下の中で5000枚以上のチラシを配布してくれました。このような働きが開拓にとってどれだけ励ましになるかは言うまでもありません。仙台教会も、誕生当初に多くのキャラバン隊によって支えられました。
第20回 洗礼式
教会会堂にて 1998/5
洗礼式は、イエス・キリストを信じた人が新しい出発をする感動の時です。受洗者は礼拝の中で自らの救いの確信について証しし、ひとりひとり牧師から洗礼を受けます。第20回目のこの洗礼式では一度に5名の方が洗礼を受け、すばらしい恵みのひとときとなりました。洗礼式は年に3〜4回程度行われています。

教会会堂にて 1998/9

第2回 結婚式

教会で行う結婚式は、神にその結婚を捧げるという思いと、自分と同じように互いを愛するというキリストの教えを守ることを誓うという意味で、とても厳粛な雰囲気の中で行われます。でも、式が終わってバージンロードを後にする二人のうれしそうな顔と言ったら・・。教会では、すでに二人がクリスチャンであるか、またはクリスチャンではなくても、数回の学びをして神を受け入れることを条件に、教会員以外の方の結婚式も行っています。結婚式はこれまでに4回行われ、出席した人々に大きな喜びを与えるひとときとなっています。

第4回 キャロリング


仙台一番町にて 1998/12
クリスマス直前に、仙台の中心街の数カ所を賛美歌を歌いながら移動するキャロリングの様子です。クリスマスムード一色の繁華街に、4部合唱の賛美歌や聖歌が響き渡ります。道行く人も、何事かと立ち止まり、中には自分からチラシを受け取りに近寄ってきてくれる人もいます。参加したメンバー達も、人々の前でキリストの誕生を高らかに歌うことのできる喜びで満たされます。最近は、仙台駅から地下鉄泉中央駅前へと場所を変え、規模も若干小さくはなりましたが、続けて行われています。

教会会堂にて 1999/7

ダグ&シェリル・コンラッド夫妻 帰国

テントメーカー(仕事を持ちながら教会の働きに携わる人)として、93年8月から99年7月まで2期にわたり、仙台教会で奉仕して下さった、コンラッド夫妻のお別れ会の模様です。仙台教会は、当初からたくさんの献身的な宣教師たちによって支えられました。コンラッド夫妻も、英会話教室・青年会・中高生会でご奉仕下さり、多くの人に影響を与えました。現在は、アメリカミネソタ州で牧会にあたっています。

第2回 チャペルコンサート


 教会堂にて 1999/6
教会にまだ来たことのない家族や友人を誘っていける場として、コンサートが企画されました。このときは、tree's のお二人を招いての会でした。フルートの美しい音色と、楽しいトークに会場が沸きました。終了後には、プレゼント抽選会も行われ、盛況でした。 コンサートは、ほぼ年1回行われています。
前のページへ >




制作・著作 ©2001 仙台福音自由教会、 Copyright ©2001 Sendai Evangelical Free Church  All rights reserved.
アクセスカウンタ