本当の自信





本当の自信とは



「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。だから私は人をあなたの代わりにし、国民をあなたのいのちの代わりにするのだ。」(イザヤ43:4)

あなたは自分で自信がある方だと思いますか。一見社会でバリバリ仕事をしている人の中に、自分がどうみられているか、人からの評価をいつも気にしている人が案外多くあります。自信にあふれているように見えながら、実はその自信は人と比べて安心するというものであって、どんな状況にあってもゆるがない自信というものではないのです。しかし、一方で本当に自信のある生きかたをしている人もいます。いかなる状況でも、自分をさらけ出すことができる強さをもった人です。それでいいんだと本当に納得して生きている人は、人に何と評価されようと関係ありません。それが本当の自信です。しかし、この現実の社会の中では、そのように生きるのが難しくなっているのも事実です。では、どうしたら本当の自信をもって生きることができるのでしょうか。




本当の自分の価値を知る



この世では、何かが出来るか出来ないかで評価されます。この結果、私達は学歴や容姿、財産、その他様々なことで劣等感をもち、自分はだめだと思ってしまいがちです。しかし、たとえ人は何と言おうと、聖書の神は「あなたは高価で尊い」と語っておられるのです。あなたのあるがまま、あなたの存在そのものが価値がある、と言われるのです。あなたは神に愛されている。このことをまず知って頂きたいのです。

子育ての中で、私たちは時々「お兄ちゃんにできたんだから、あなたもがんばればできるのよ」などと言って、子供を励ましているつもりで逆に劣等感を植えつけてしまうことが多くあります。又、子供が一生懸命努力して何か良くできた時ほめることは一見良いように思えます。しかし、実はその時子供の心の中には、頑張れなくなってしまったら自分は評価されないという不安がおき、いつも親の期待に答えられるようにとがんばって、ついにはエネルギーがきれて苦しくなるのです。

こういったことは、こどもの本当の自信を育てることにはなりません。そうではなくて、親に自分のそのままを受入れられることが子供にリラックスを与え、本当の自信につながっていくのでず。しかし、神々そのように子供を受け入れ愛することができません。なぜなら、親である私たち自身が自分のあるがままを受け入れていないからです。だからこそ、今私連は聖書の「あなたは高価で尊い」という言葉に耳を傾けるべきなのです。この言葉を本当に受け入れることが出来た時、現実に人は変えられていき、本当の自信をもつことができるのです。




自分に価値があると思えない理由



しかし、いくら「あなたは価値がある」と言われても、素直にうなづけないものが心のどこかにあるかもしれません。自分に自信がもてない理由に、親から「お前はダメだ」と何度も言われて来たために、それが無意識のうちに自分にすり込まれ、大人になっても自然に自分はダメだと思ってしまう、ということがあります。私達の思いの90%は無意識の世界のことだといわれています。多くの場合、そこに悲しいことがかかわっていることが多いので、それに目を向けることはつらいのですが、そこの部分に光を受けていくことが大切です。そういう意味で、私達は「本当の自分さがし」・・・なぜ自分がそうなっているかを知ることが必要です。そして、その原因に気づいたならば、そこに傷や恐れがあることを認めて、神様にいやして下さいと折って下さい。その時から、確かにあなたは変えられていくのです。あなたを高価で尊いとおっしゃる神様は、あなたを外から見てもそのように見える人生へと変えていって下さるのです。




変えられる人生



「人をあなたのかわりとし」(イザヤ43:4)とは、イエス・キリストが私達の身代わりとなって下さったことを意味します。私達は自分ではどうしようもない心を抱えています。ねたみたくなくても、ねたむ心は自然に出てきます。許そうとしても許せない心、愛そうとしても愛せない心、私達の心には自由がありません。私達の心は、そのような罪の奴隷状態にあるのです。この私達の罪のために、キリストは十字架で身代わりとなって命を捨て、罪の代価(身の代金)を払って、私連を自由の身として下さった、というのです。それ故、キリストに求めて行く時に、変わらないはずの自分が変えられていくのです。

キリストを信じるなら、生まれ変わることができるのです。もし自分もそのようになりたいと思われるなら、目分の中のすり込まれた部分に目を向け、そこを取り除いてください、変えて下さいと心の内でぜひ祈ってみて下さい。人と比べるのではなく、あるがままのあなた自身が神の目に高価で尊いという言葉を受け取って、本当の自信を持って生きる人生へと歩み出して下さい。




制作 : ©2000 仙台福音自由教会 - 聖書についてもっと詳しく知りたいと思われた方はお気軽に お問い合わせ 下さい
アクセスカウンタ