信じて祈ること





わかっていてもできない



これまで、「あなたを変える聖書のメッセージ」として、どうしたら人間関係を良くすることができるかを学んできました。それを実践してみて、何回かはうまくいったという経験を持たれた方もあることと思います。しかし、正直なところ、長続きしないこともまた同時に感じられたのではないでしょうか。わかっていてもできないのが私たちの現実です。ではどうしたらよいのでしょうか。聖書は、イエス・キリストはその力を私たちに与えるために来られたのだと語っています。




長血をわずらった女(マルコ5:25〜34)



12年もの間出血と痛みに苦しんでいる女性がいました。あらゆる手を尽くしお金も使い果たしてしまいましたが悪くなるばかり。人にも言えず、又それ以上にだれにもわかってもらえない苦しみの中で、どんなに辛い思いをしていたことでしょうか。そんな時、イエス・キリストのうわさを聞いて、「もしかしたら…」という思いから、やがて「イエス様のお着物にでもさわればきっと直る。」という気持ちにかわっていきました。そして、群衆の中に紛れ込んで、後ろからこっそりとイエスの着物にさわったのです。

その時女は自分の病気が直ったことをはっきりと感じました。そのままそっと姿を消そうとしていたところに、イエスは「だれが私にさわったのですか。」と問われました。大勢の群衆がひしめき合っている中で、女は自分のことを言われたのだとすぐに知り、恐れおののいて、すべてを申し上げたのです。こっそりと力だけ頂こうとして来たのですから、もしかしたらそれを咎められるのではと恐れていたのかもしれません。しかし、イエス様はその女を叱るかわりに、このように言われました。

「そこで、イエスは彼女にこう言われた。「娘よ。あなたの信仰があなたを直したのです。安心して帰りなさい。病気にかからず、すこやかでいなさい。」(マルコ5:34)

イエス様はなぜこのようにされたのでしょうか。実はここに、私たちが力を受ける秘訣があるのです。




口で告白すること



「人は心に(キリストを)信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。」(ローマ10:10)

私達は、単に何となくというのではなく、だれ(何の力)が私をいやしたのかをはっきりとさせる必要がある、― そうでなければその力を受け続けることはできないということなのです。この女は、確かに病気をいやされました。しかし、それだけで終わるなら、あとは神様と無関係になってしまいます。イエス様は、この問題だけでなく、これからの生涯いつも助けて下さる方なのだということをはっきりと知らせ、自覚させるために、まずあえてこの女に『信じてさわったこと、神様の力によっていやされたこと』を自分の口で告白するように導かれ、その上でさらに「あなたの信仰があなたを直したのです。」と語って、これからも力を受け続ける秘訣、すなわち、信じて祈ることによって神様の力を受けることができるのだ、ということを教えられたのです。

この女も多くのこと知っていたわけではありません。ただ、イエス様はきっと何とかして下さるに違いないという思い(信仰)だけを持って近づいていき、本当に神の力を体験したのです。私たちもまた、神の力を受けたいと願うならぱ、そような信仰を持って神に近づくということをして頂きたいのです。

「あなたを変える聖書のメッセージ」では今まで何度も、お祈りしてみて下さいと語りました。きれいごとで「愛します」「許します」というのではなく、自分の正直な気持ちをそのまま「許せないんです」「憎らしいんです」と祈る中で、神様は私たちの心をかえて下さり、平安を与えて下さるのです…とお話しました。それを試してみた方もたいていは、少しは平安になったけれども、1,2度やってみてそれきりになってしまったというのではないでしょうか。皆さんがそれをもっと明確に自分のものとされ、その力を受け続けることができるようにと、イエス様は語っておられるのです。




信じて祈ること



「だからあなたがたに言うのです。祈って求めるものは何でも、すでに受けたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになります。」(マルコ11:24)

信じて祈るなら与えられる、と聖書は語っています。ある人が「信じて祈れば山をも動かせる」と聞いてそう祈りましたが、目を開けて山がまだそこにあるのを見て「やっぱり!」と言ったそうです。― 本当はやっぱり信じていなかったのです。その通り、私たちは信じることができないのです。しかし、神様は私たちの弱さを理解して下さいます。まず「信じられないのです。信じられるようにして下さい。」と祈ってみて下さい。そしていきなり大きなことを祈るのではなく、自分が信じられる小さなことから祈ってみて下さい。すぐに聞かれないこともありますが、その時は待ち続けてほしいのです。そのようにして、小さなことでも祈りが聞かれるという体験を一つ一つ重ねていくなら、やがてもっと大きなことも祈って神様に期待できるようになります。いざというときに神様に祈ればよいとわかれば、大きな安心の中に生きることができるのです。

「(神は)窮した者の祈りを顧み、彼らの祈りをないがしろにされなかったからです。」(詩篇102:17)

どうしたらよいかわからない困った状態におちいった者の切実な祈りを、神はかえりみて下さる。決してその祈りをないがしろにされない、と聖書は語っています。わたしたちもまた、こうして下さいという願いを持って、又神様はきっとそうして下さるという思いを持って神様に近づき、神様の助け・力を受け取るものとさせて頂きたいものです。




制作 : ©2000 仙台福音自由教会 - 聖書についてもっと詳しく知りたいと思われた方はお気軽に お問い合わせ 下さい
アクセスカウンタ