自分を愛する





暗い過去



「イエスは答えられた。「一番たいせつなのはこれです。『イスラエルよ。聞け。われらの神である主は、唯一の主である。心を尽くし、思いを尽くし、知性を尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』次にはこれです。『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。』この二つより大事な命令は、ほかにありません。」(マルコ12章29〜31節)

過去のイヤな自分を消してしまいたい、と思ったことはないでしょうか。順調で何もかもうまくいっている時の自分は良いけれど、そうでない時はダメな自分 ― しっかりしなくちゃ、もっとがんばらなくちゃ、と自分を責めたり、ふがいなく思ったり、みじめになったりしないでしょうか。けれども、良い時の自分ばかりでなく、うまくいかない時の自分も自分なんだと受け止められるなら、人生に大きな変化がやってきます。同じ暗闇が、希望と光を与える源へと変えられるのです。

医者からも見放される程の強迫神経症で苦しんだ女性がおられます。しかし、この方は、一つの出会いを通して病がいやされ、今はカウンセラーを養成する仕事についておられます。苦しかったことの一つ一つが、今この方の最大の武器と変えられ、生かされているのです。自分の人生から消し去ってしまいたいと思えるような辛い出来事の一つ一つを正しく受け止められるなら、私たちの人生もまた、本当に意味あるものとされていくのです。




自分を愛する



聖書は、

『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。』

と語っています。これを本当に実行できれば、確かに人間関係は良くなっていくはずです。しかし、ここで注意すべきは

『あなた自身のように』

という言葉です。ある人が、あまりにも自己中心な自分がイヤで、そこから救われたい、変わりたいと願いました。しかし、自分のことより相手のことをまず考えたいと思っても、いつの間にか自分をかばい、自分を第一としてしまう … 一向に変わらない自分に失望してしまいました。でもこの方は、大切なこと、すなわち人を愛するための前提条件となるものを抜かしていたのでした。聖書は、自分を正しく愛する時初めて、他の人をも愛することができるようになる、と教えています。この方はそれを聞いた時、「本当に自分を愛していいの?」と聞き返したほどでした。

私たちは、自分は自分を愛している ― そんなことは自然にしていると思いがちです。でも、本当の意味で自分を大切にし、愛していると言えるでしょうか。自分の良い所、うまくいったことを愛することはできるかもしれませんが、自分の暗い部分は見たくもないと思ってしっかりとフタをしてはいないでしょうか。

しかし、聖書は、そのイヤでならない自分をも愛しますか、と問いかけているのです。私たちは自分を愛しているようですが、実は、甘やかすことと混同している事が多いのです。甘やかすとは、英語で spoil(=傷つける)と言います。自己憐憫などによって自分を甘やかすことは、結局自分をダメにすることであり、本当に愛することにはなりません。では、自分を愛するとは、どういうことでしょうか。




自分との和解



私たちが自分を愛することができるようになるためには、まず“過去の自分と和解する”ことが必要です。自分自身の過去を隠し、切り捨てようとするかわりに、ありのままを認め受け止めるということです。過去のイヤな自分 ― でも、考えてみればあんな状態の中で良くやったよ、と自分を心からほめられるようになったなら、それはもはや暗闇ではなく、今の自分を作っている大切な出来事となります。現在は過去の積み重ねですから、過去の自分を受け入れられなければ現在の自分を受け入れることはできません。

自分を愛するとは、言い換えれば、色々なことがあって今ここに自分がいることを大切に思う ― 今の自分を大切な存在だと思うことができる、ということです。そのようにして“今の自分と和解する”ことができた時にはじめて“隣人と和解する”ことができる ― すなわち、他の人の弱さを受けとめることができるようになり、人間関係が回復していくのです。これがまさしく聖書の言う『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』ということなのです。でも、どうやったら、自分と和解することができるのでしょうか。




神の和解



「神は、キリストにあって、この世をご自分と和解させ、違反行為の責めを人々に負わせないで、和解のことばを私たちにゆだねられたのです。・・私たちは、キリストに代わって、あなたがたに願います。神の和解を受け入れなさい。神は、罪を知らない方を、私たちの代わりに罪とされました。」(第IIコリント5章19〜21節)

人は、自分の弱さをさらけ出しても、そのまま全部受け入れてくれる誰かに出会う時初めて、自分自身を受け入れることができるようになる、という事実があります。しかし、だれでもがそのような人とめぐり会えるわけではありません。話せばすぐに裁かれるし、さげすまれたり、変な忠告を受けて辛くなってしまうことの方が多いのではないでしょうか。

しかし、ここに、どこまでも受け入れて下さる方がいるのです。神様は、私たちの失敗、過ちの全てについて、私たちを責めるかわりに、イエス・キリストにその責めを負わされました。それ故に、私たちがこうなったらというのではなく、このままの私を、弱さをもったままで受け入れて下さる ― それが、神が私たちと和解して下さった、ということです。

自分がキライだという人は、「どうしてあんなことをしたんだろう」という悔いを持っています。しかし、キリストが私のためにその責めを負い、罰を受けて下さった ― 神が私たちを許して下さったのだから、あなたももう自分を責めてはならない、と語っておられるのです。『わたしの目には、あなたは高価で尊い。』(イザヤ43:4)と語って下さる神の愛とゆるし(神の和解)を受け取るならば、私達もまた新しい自分 ― 自分をゆるし、人をゆるす者、愛する者へと変えられていくのです。神様は命をかけてあなたを愛しておられ、あなたが新しい人生に踏み出すことを願っておられるのです。

「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。」(第IIコリント5章17節)





制作 : ©2000 仙台福音自由教会 - 聖書についてもっと詳しく知りたいと思われた方はお気軽に お問い合わせ 下さい
アクセスカウンタ