2011年5月19日 「石巻~女川~雄勝町視察」

今日は、翌日の月一度の婦人向け伝道集会の準備のため、石巻での物資配布はお休みとなりました。

そこで、私の家族を連れて、再び石巻から女川、雄勝町、そして南三陸町方面を視察することにしました。最近は、三陸道はほとんど渋滞することはなくなり、仙台から石巻は1時間15分程度で移動できるようになりました。4月頃の渋滞(2時間半以上!)が嘘のようです。

今回の石巻訪問で一番変化を感じたのは、石巻大橋から湊~鹿妻~渡波と向かう国道398号線の道路沿いに、何本か真新しい電柱が立ち始めたことです。この地区は、石巻でも最も被害の大きい地帯ですが、そこにあっても電気の復旧に向けた足がかりが築かれています。そして、渡波地区においても、あちこちで既存の電線の修復が急ピッチで行われていました。感謝なことでした。そして、石巻~女川に向かう道では、以前は砂利道であった所に新しくアスファルトが敷かれていました。地盤沈下によってもたらされた満潮時の浸水を食い止めるためだと思いますが、道路全体が30cmほどかさ上げされているのが非常に印象的でした。

女川から先では、海岸沿いの398号が土砂崩れのために通行止めになっており、山の中を抜ける細い道だけが通行可となっていました。普通車がやっと通れる広さですので、女川から先に行こうとしている方は注意が必要です。それにしても、5/9に訪れた時は何の問題も無かったのですが、わずか10日間で土砂崩れが起こったということでしょうか。

次に雄勝町に達しました。ここは「雄勝硯」で全国的に有名な町ですが、残念ながら、町全体が跡形も無くなっています。下の動画を見て頂けると、それがよく分かると思います。コンクリートの建物以外は、何一つ残っていません。三階建ての雄勝中学校は、最上階まで津波が押し寄せていました。生活の再建は依然として困難であることは、容易に見て取れました。

続いて南三陸町を目指して398号を北上しましたが、北上川にたどり着いた時点で大きな問題が発生しました。新北上大橋が通行不能状態で、南三陸町に向かうには、内陸部を大回りしなければならないのです。時間の関係でそれは難しかったため、前回同様北上川を西進して帰路に就くことにしました。北上川左岸の堤防は、この10日間で急ピッチで修復が進んでいました。この分だと、そう遠くないうちに仮設道路も「仮設」ではなくなるものと思われます。詳しくは、下の動画をご覧下さい。

カテゴリー: 支援活動報告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です